ポートフォリオサイト公開中

【環境構築なし!】Google Colabを使ってGPUを動かす第一歩

こんにちは、ともろう(@tomorrowSLog)です。

最近Google Colabを使って深層学習の勉強を始めました。

今やgoogle大先生のおかげでGPUを無料で動かす環境が簡単に手に入るというすごい時代になってきましたね。

アウトプットと備忘録を兼ねてGoogle ColabでChainerを使ってGPUを動かす入門の入門を書いていきます。

目次
  1. Google Colabとは
  2. Google Colabの使い方
  3. Google ColabでGPUを使う
  4. まとめ

【pythonコードを読む】AV女優10000人webスクレイピング

Google Colabとは

Google ColabとはGoogleが提供する無料のクラウドサービスです。

機械学習の教育、研究を目的としたツールとして公開されました。

特徴は以下の通り

  • 面倒な環境構築なしに、pythonのコーディングが可能
  • 機械学習に用いるライブラリが利用可能
  • GPUを無料で使える

そう、要するにやばいものが無料で公開されてるということ!

今まで自分のパソコンにつまづいていた人も自分のパソコンでブラウザを使うことができるのであればGoogle Colabを使うことができる。

ともろう

ブラウジングできないパソコンとかただのでかい文鎮だろぉ…

よくわからないソフトウェアをダウンロード、インストールすることなしに使えるのはかなり嬉しいところ。

幾度となく環境構築で苦しんだ(今も苦しんでる)ともろう大歓喜である。

機械学習なんて難しいことわからないというプログラミング入門の人にもぜひ使って欲しい!

参考 Colaboratoryよくある質問google.com

Google Colabの使い方

Google Colabで新規ページを作る

Google driveを経由するか、直接Google colabに行って新しい編集ページを作ろう。

Google driveからであれば、左上の新規のボタンからその他>colaboratoryに行くことで新規ページが作成可能。

必要に応じてフォルダを作ればいいだろう。

Google colabからであれば左上のファイル>python 3の新しいノートブックから新規ページを作ることができる。

Google driveへ行く!

Google colabへ行く!

簡単にpythonを書いてみる

新規ページを作成しただけでpythonの環境が整っている。

wordで文章を作成するかのごとくpythonでのコーディングができるのだ。

もしpythonなんてよくわからないという場合、progateドットインストールで学び、学んだことをgoogle colabで手を動かしながら身に付けるのがいいだろう。

Google ColabでGPUを使う

GPUの設定も一瞬で完了する。

編集>ノートブックの設定もしくはランタイム>ランタイムのタイプを変更からGPUを選択するだけだ。

ちなみにともろうはこの設定をせずにGPUを使おうとして、

Error
!curl https://colab.chainer.org/install | sh -
!apt-get install -y graphviz
>>~(省略)~
********************************************************************************
GPU is not enabled!
Open "Runtime" > "Change runtime type" and set "Hardware accelerator" to "GPU".
********************************************************************************
~(省略)~

ともろう

なんでGPU使えへんねん😡
Error
!python -c 'import chainer; chainer.print_runtime_info()'
>>Platform: Linux-4.14.79+-x86_64-with-Ubuntu-18.04-bionic
Chainer: 5.0.0
NumPy: 1.14.6
CuPy: Not Available
iDeep: 2.0.0.post3

ともろう

なんでCuPy利用不可能になってんの😡😡
Error

# Chainでネットワークを作ろうとして
>>RuntimeError: CUDA environment is not correctly set up
(see https://github.com/chainer/chainer#installation).No module named 'cupy'

ともろう

わー模写してるのになんでうまく動かへんの😇😇😇
というように躓きまくってたんですが、ただただこのGPU設定をしていないだけでした。

まとめ

  • Google colabで面倒な環境構築なしに、pythonのコーディングが可能
  • Google colabは機械学習に用いるライブラリが利用可能
  • Google colabでGPUが無料で使える
  • GPUの設定も簡単

長くなりそうだったので今回はGoogle colabのイントロとして、次回実際にGoogle colabを動かしながら機械学習のイントロをまとめていきたいと思います。

ではでは

Google colabへ行く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です