ポートフォリオサイト公開中

git initからgit pushまでの流れをいつも忘れてしまう人へ【ローカル開発】

git initからgit pushまでの流れをいつも忘れてしまう人へと書けば聞こえはいいが、

実際のところ自分が毎回忘れてしまうので、備忘録として残しておく。

gitのインストールとか、github, Bitbucketなどのサイトの登録は対応していない。勝手にググってくれ。

セットアップ git init

このセットアップはリポジトリごとに作成が必要である。

該当フォルダのルートディレクトリに移動し、新しいリポジトリを初期化しよう。

$ git init

リポジトリに追加 git add

$ git add -A

このコマンドでプロジェクトのファイルをリポジトリに追加。

さっきからリポジトリ、リポジトリってなんやねんって話ではあるが、保管場所をイケてる風に言ったのがリポジトリだ。

いや、全部のファイル追加したくないねんけどなどというわがままな人は、.gitignore ファイルの勉強でもすればいいと思う。

コミット git commit

git addしただけでは、まだ待機中で本格的に反映はされていない。

なので本格的に反映するためにコミットをする。

$ git commit -m "Initialize repository"

-mフラグでメッセージを書こう。

リポジトリ追加 git remote add

ここまではまだローカル環境から脱出できてない。

なのでローカル環境にあるリポジトリをリモートにプッシュしていく。

$ git remote add origin git@sample.com #リモートリポジトリ

リモートリポジトリを作成し、urlをコピペ!

プッシュ git push

そしてリモートにプッシュ。

$ git push origin master

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です