ポートフォリオサイト公開中

【python】Djangoでプロジェクトを作成する【venv】

こんにちは、ともろう(@tomorrowSLog)です。






デスクトップでの下準備

デスクトップにフォルダを作成

mbp:~ tomowarkar$ cd Desktop/
mbp:Desktop tomowarkar$ mkdir django
mbp:Desktop tomowarkar$ cd django

pythonのバージョンを確認

mbp:django tomowarkar$ python3 --version
Python 3.7.3



venv仮想環境の設定

専用の仮想環境の作成

myvenvは任意の仮想環境の名前なので、自由につけても大丈夫です。

mbp:django tomowarkar$ python3 -m venv myvenv

仮想環境を起動

mbp:django tomowarkar$ source myvenv/bin/activate

pipをインストールかつ最新バージョンにする

venv が起動すると、頭に(myvenv)が現れます。

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ python3 -m pip install --upgrade pip
Successfully installed pip-19.1

Requirementsファイルによるパッケージのインストール

Requirementsファイルはインストールするためのパッケージリストが記載されているファイルです。

django                         
└───requirements.txt

こんな感じのものを作成していきます。

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ touch requirements.txt
(myvenv) mbp:django tomowarkar$ echo Django~=2.0.6 >> requirements.txt
(myvenv) mbp:django tomowarkar$ cat requirements.txt
Django~=2.0.6

パッケージのインストール

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ pip install -r requirements.txt
Successfully installed Django-2.0.13 pytz-2019.1



Djangoプロジェクトの設定

プロジェクトに必要なディレクトリとファイルを作成する

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ django-admin startproject mysite .

こんな感じのファイル構造になってるはず

djangogirls
├───manage.py
├───mysite
│ settings.py
│ urls.py
│ wsgi.py
│ __init__.py
└───requirements.txt

マイグレーション

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ python3 manage.py migrate

参考:【Django】migrateするときのSyntax Error

ウェブサーバを起動

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ python manage.py runserver
Performing system checks...
Django version 2.0.13, using settings 'mysite.settings'
Starting development server at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

http://127.0.0.1:8000/にアクセスします



結果

こうなっていれば成功です!

ウェブサーバを終了

CTRL + C

仮想環境を終了する

(myvenv) mbp:django tomowarkar$ deactivate

参考サイト

Django Girls のチュートリアル プロジェクトを作成しよう!
venvでDjangoの環境を作成してみたった(Python3.3以降)
はじめての Django アプリ作成、その 1
Python3.6のvenvで仮想環境を作り、Djangoをインストールする


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です